なぜ仮想通貨の手数料は安いのか

   2021/07/15

手数料は、実店舗の有無に左右される一面があります。
実店舗がある業者は、手数料も高めになっている事が多いからです。
仮想通貨も例外ではありません。
この通貨は、現金よりも手数料は低めになっていますが、その理由の1つは店舗です。

手数料に関する悩み

誰かに対して送金する時には、手数料が気になってしまう事も多々あります。銀行振り込みする時は、振り込み手数料がかかってしまうでしょう。
人によっては、頻繁に振り込みをしている事があります。法人の方々は振り込みをする機会も多いですが、それだけに手数料に関する悩みを抱えている方も少なくありません。
振り込み手数料は、1回につき数百円ぐらいの手数料になります。
という事は、100回ぐらいは送金手続きを行いますと、合計で数万円ぐらいの手数料になるでしょう。

仮想通貨で送金する時の手数料

ところで送金する際の手数料を低く抑えたい方々は、しばしば仮想通貨に注目しています。最近では、現金ではなく仮想通貨で送金する方も増えてきています。
この通貨は、かなり手数料は格安だからです。
この通貨の場合、送金する方法によっては手数料が無料になる事があります。
上記のような数万円ぐらいの手数料が無料になるメリットは、とても大きいです。

振り込みする時だけでなく、海外に送金する際にも仮想通貨が活用される事もあります。海外の業者と取引している方々は、現金でなく仮想通貨を活用しているケースも少なくありません。
そもそも銀行などを通じて海外に送金する時は、かなりの手数料がかかる事も多いです。1回につき数千円ぐらいの手数料になるケースもあり、上記のように100回ぐらい送金しますと、合計で数十万円ぐらいの手数料になるでしょう。

ですが仮想通貨の場合は、もっと手数料は低めになっている訳です。コストを節約したいなら、確かに仮想通貨はおすすめです。

仮想通貨の手数料が低めな理由とは

なぜ仮想通貨の手数料は安いかというと、冒頭でも触れた実店舗です。
そもそも実店舗で営業するのは、かなりコストが高くなってしまう傾向があります。
実店舗でビジネスを営む場合、地代家賃などを支払う必要があるでしょう。

また実店舗は、内装にもお金をかける必要があります。内装工事を専門業者に依頼すれば、やはりコストがかかるでしょう。
ですが仮想通貨の専門業者には、たいてい実店舗がありません。基本的には無店舗で経営していますし、手数料も低めになる訳です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket